【必読】キャバクラの体験入店(体入)でヘルプはどんな仕事をするの?

【必読】キャバクラの体験入店(体入)でヘルプはどんな仕事をするの?

キャバクラをはじめとしたナイトワークには、「体入(体験入店)」と呼ばれる女の子とお店の相性をみる期間が設けられてる場合がほとんど。

基本的には体入は1日の場合が多いけど、キャバクラが集中しているエリアや、人気が高く女の子に余裕がある店舗は、何回か体入できるところもある。

体入では主に「ヘルプ」と呼ばれる業務を任されることが多いんだけど、いやそれって何?って初めてだと思うはず。

今回は、キャバクラの体入でする「ヘルプ」の仕事内容について触れていくよ!

キャバクラの体験入店(体入)でヘルプが行う仕事内容

ヘルプは、売れっ子のキャバ嬢や指名被りのキャバ嬢が席にいない間、お客さんを楽しませて間を持たせる、キャバ嬢特有の役割のことを指すよ。

ヘルプの仕事内容そのものは、ドリンクを作って会話したりと、基本的にはキャバ嬢のする仕事と同じ。

でも、ヘルプは指名の女の子とは違う「暗黙のルール」があるんだよね。

ヘルプのキャバ嬢が守るべき暗黙のルール4つ

ヘルプのキャバ嬢は、指名のキャバ嬢が来るまでの「繋ぎ」。指名のキャバ嬢の邪魔にならないことがヘルプのキャバ嬢に求められる役割でもあるんだけど、そのルールなんかは事前説明とかされないから「察して」いくしかないんだよね。

でもいきなりそんなこと言われても難しいことのはず。

だからここでは、ヘルプキャバ嬢に求められる暗黙のルールを4つ明かしていこうと思うよ。

①連絡先・名刺の交換はNG

指名キャバ嬢の繋ぎとして入った場合、ヘルプキャバ嬢がお客さんと連絡先や名刺の交換をすることは絶対NG!

指名キャバ嬢のヘルプの席で名刺や連絡先を交換してしまうと、お客さんの横取りにつながる可能性が高くなる。

他キャバ嬢のお客さんを自分に指名変えさせてしまうのは、友達の彼氏を略奪するくらいタブー。

②お客さんと一定の距離を保つ

指名キャバ嬢の代わりに間を埋めるヘルプキャバ嬢は、お客さんと心理的にも物理的にも一定の距離を保つことが大切。理由は、すでに指名の子がいるお客さんを、下手に好きにさせないため。

なるべく業務的で他人行儀な態度を心がけて、お客さんの指名変えを防ぐことを意識しよう。

難しい場合は、「友達の彼氏」と会話をする時を思い出すとわかりやすいかも。「友達の彼氏」とは、あんまり親密に話したりボディタッチしたりしないよね?

③ドリンク交渉を自分からしない

キャバ嬢は、お客さんからドリンクやボトルを入れてもらうことでインセンティブが入り、お給料を増やすことができる仕事。

そのため、お客さんからドリンクをもらうために「一緒に乾杯していいですか?」とドリンク交渉するキャバ嬢は珍しいものじゃない。

でも、ヘルプとしてついた場合は別。お客さんは指名の女の子とお酒を飲みにきているから、ヘルプとしてついた女の子が「私も一緒に…」とドリンクをもらおうとすると、不愉快に思われてしまう。

大人なお客さんならそんなキャバ嬢にも悪い顔せずにドリンクを入れてくれるだろうけど、ずうずうしいと思われるのは間違いない。

中には、本指名の子にしかドリンクをあげたくない(特別扱いしているアピールがしたい)というお客さんもいるし。

あくまで主役は本指名の子というのを忘れずに、お客さんが善意ですすめてくれた時だけありがたく飲むようにしよう。

④キャストの話や噂話をしない

これはもってのほかだし、普通の生活でも人の噂話をしている女の子は嫌われるよね。

前提として、お客さんはキャバクラに夢を見にきていることを忘れてはいけない。夢というのは、「狙っているキャバ嬢には彼氏がいなくて」「頑張れば付き合えるかもしれないレベルには俺のことが好き」という幻想のこと。

売れてるキャバ嬢はこうした恋愛感情をお店の中で上手に作ることで営業をしてるわけだけど、それもこれもキャバ嬢には彼氏がいないなど、「恋愛遍歴がクリーン」だとお客さんが信じているからこそ成り立つものなのだ。

そのため、キャバ嬢の噂話(特に恋愛系)はご法度。

また、目当てのキャバ嬢が誰と喧嘩しているというブラックな一面も、お客さんの夢を壊すことにつながるのでこれもNG。

でも、キャバクラが初めてな女の子の中には、悪気なく先輩キャバ嬢との雑談で出た彼氏の話や、キャバ嬢同士の派閥の話を出してしまう子もいるかもしれない。

お客さんが何を求めてきているのかを考え、出す話題には気をつけよう。

キャバクラの体験入店(体入)の流れ

キャバクラの体験入店の流れは、以下のような感じ。

・面接を通過

キャバクラでは、女の子の体型や容姿を見るために面接が行われる。ここで合格しないと体入もできない!

・お店のルール説明を聞く

面接を通過すると、お店のルールや業務内容について説明を受けるよ。

キャバクラによっては、ハンドサインや隠語などが存在する場合もあるので、しっかり聞くこと。特にノンアルドリンクをどのように呼ぶかは確認しておくと便利だよ。

・ドレスに着替える&ヘアメ

お店によってはレンタルドレスを用意していてくれるところもあるんだけど、レンタルドレスは不衛生な上デザインもダサいのが多い。サイズがあわないことも稀にあるから、もしもの時のために1着持ち込んだ方がいいかも?

ヘアメはやってくれるところもあり、面接時のままでもOKなところもあるから、「ヘアメはしてもらえる!」と思い込まずに一応きちんとセットしていくといいよ。

・いざ、体入開始!

体入では、キャバ嬢の普段の業務と同じように、ドリンクを作ったりタバコに火をつけたりといった仕事を体験するよ。ライターは貸し出しがない場合もあるから、自前で一つ持っていた方がいいかも。

体入の流れはこんな感じだよ。

体入の時は、この記事で書いたことに気をつけてお行儀よくしていれば悪印象を与えることはないから、言われた持ち物をきちんと揃えていつもよりも真面目に勤務に挑もうね。