落ちる時もある!体入までいってもキャバクラに入店できないケース

落ちる時もある!体入までいってもキャバクラに入店できないケース

キャバクラで体入して落ちても気にすることはない

キャバクラの体入って実はキャバ嬢の採用の実技試験みたいになってるところもあって、体入中の働きぶりがお店の基準に達してなかったら体入までいっても落とされる場合もあるんだよね。

けど、キャバ嬢の採用基準ってお店によって全く違うから、1つのお店で落とされたからと言ってそんなに気にする必要はない!
お店によっては、どんなに美人でもそのお店の採用基準とか雰囲気に合ってなくても落とされちゃう場合も少なからずあるしね。

じゃあ、体入まで行っても落とされてしまうのはどんな場合なのか、3つ解説していきます!

未経験者の応募が少なかった

ほとんどの求人には未経験者OKって書かれてるんだけど、当然お店としては接客に慣れてる経験者の方が入ってきてくれると嬉しいもの。

そこで、2人採用するつもりでキャバクラの求人を出したものの、応募者が3人来て、あなた以外の人が両方ともキャバ嬢経験者だった場合、お店は当然経験者を選ぶよね。
もちろんキャバクラでは仕事を真剣に行ってくれるかも判断基準だから、あなたも体入まで進むことはできたんだけど、やっぱりベテランには敵わなかった…。

そういう場合は、時の運もあるから落とされちゃっても仕方ないよね。
他の今現在も求人を募集してるキャバクラに応募しましょう!

容姿がお店のコンセプトに合っていなかった

お店によって、求めてるキャストの容姿がまったく違うんだよね。

例えば姉キャバとか接待とかでよく使われる落ち着いた雰囲気のお店なら、落ち着いた雰囲気の子とか大人っぽい子を募集してる。
逆にコスプレキャバクラとか、カジュアルで若い雰囲気のキャバクラなら若くて元気な雰囲気の子を求めてるのは明白。
だから、自分の雰囲気が可愛くて若い感じだったら、落ち着いた雰囲気のキャバクラでは採用される可能性が低くなっちゃうの。

お客さんもお店の雰囲気で遊びに行くお店を決めてるから、そのお店のコンセプトに合った女の子が気に入られる可能性が高いしね。
だからお店のコンセプトとか雰囲気を守るためにも、ほとんどのキャバクラでは欲しいキャストの雰囲気をある程度絞ってるところが多いの。

もしお店のコンセプトに合ってないと、お店でも浮いちゃう可能性があるから入ってもなかなかお客さんに気に入ってもらえる可能性が少ないんだよね。
だからキャバクラで働くときは、待遇や時給も大事だけど、楽しく稼ぐためには自分の雰囲気に合ったお店を選ぶようにしてみてね!

家から職場が遠すぎた

お店の雰囲気が合ってたとしても落とされる可能性として、家から職場までの距離が遠すぎることも要因のひとつになっちゃうの。
キャバクラは夜に営業してるから、帰りはお店のドライバーが車で送ってくれるところが多いんだけど、家から職場までの距離が遠いと、それだけ送迎にコストが掛かるよね。

それでも稼いでくれそうな子とかお店の雰囲気に合ってる子なら採用しようと思いつつ、働きぶりも見て、送迎コストがあまりにも掛かるようなら不採用になる場合もあるの。
あまりにもお店から自宅が遠いなら近くのお店を選ぶか、お店が用意してるキャバ嬢専用の寮を利用して働くのがおすすめだよ。

疲れてると通勤も大変だしね(笑)